埼玉医科大学国際医療センター病理診断科

病理医募集中

病理診断科概要

全国有数の癌施設で新境地開拓に臨む

 このような状況下,病理診断科が扱う検体は12,217件(2019年実績)まで年々膨らんできています。とりわけ,手術検体の割合が高いために,ブロック数からみると大学病院レベルの平均(=1検体あたりのブロック数)を上回っています。また,昨今は急激に他施設標本のconsultation/reviewが増えてきました。現在,我々は当科所属専門医8名,他科所属の病理専門医2名,臨床フェロー1名,非常勤医4名で診断業務に携わっています。これらの体制を15名の臨床検査技師(8名が細胞検査士,認定病理技師4名)と1名の事務担当者/秘書が支えてくれています。

ジェネラルな疾患から先進医療,研究までを網羅できる体制

 我が埼玉医大は,それぞれに特徴/個性をもった3つの病院からなる群を形成し,それらは個々に一つの大学病院規模のスタッフや専門性を兼ね備えています。3つの病院が合わされば本邦では最大ともいうべき医療施設を誇ります。初期教育early courseはもちろんのこと,専門性修練advanced curriculumの環境を提供し,さらには国際医療センターに併設されているゲノムセンターの利点も生かして研究や学位取得に専念することも可能です。医療の現場/実践から基礎的研究にアプローチする距離がかなり近いことも国際医療センターの特徴です。

次なる展望への挑戦

 いずれの時代にあっても,病理医にとっては診断の確実性と迅速性の維持,向上に対峙しつつ,医療安全と質の担保に努めることが根底にある最重要課題です。時代を切り開くことへの活力に満ちた人材を求めています。当センターの一員に加わって,病理医としての将来展望を模索してみませんか。お待ちしています。

豊富ながん症例で十分な研修体制

 当センターは2007年春に癌,心血管疾患の治療,および救急を担う病院として開設され14年目を迎えています。初期は400床が稼動していましたが,マンパワーの質的充実かつ量的増加,ハード面の強化・進化とともに現在は700床がほぼ満床に近い状態(95%の稼働を維持)で運営されています。癌治療の観点からは,2019年の実績では全国で5番目に多くの癌患者さんを扱うまでに成長しました。加えて心・脳血管疾患においても最先端の医療技術を誇る機関としての評価を得ています。心臓移植はこの13年間で既に11例にのぼります。なかんずく,救急は名実ともに地域医療を支える砦のような存在へと発展を遂げてきました。

病理診断科・診療部長,診断部・部長 安田政実

このページの先頭へ
Copyright © 埼玉医科大学 国際医療センター 病理診断科 All rights reserved.